医者

ペロニー病はクリニックで治療しよう|男性特有の緊急事態

生殖器の異常

男の人

三十代から七十代の男性に多い病気がペロニー病です。男性器にある白膜に硬いしこりができたり、勃起した際に陰茎がしこりが出来ている場所に向かって曲がってしまうなどの症状があります。さらに、場合によっては痛みが感じたり、男性器の大きさが小さくなる可能性もあるため、泌尿器科で医師の診察を受ける必要があります。直接的な原因は未だに特定されていないのですが、生活習慣病である糖尿病や痛風などが主な要因と考えられています。また、泌尿器科ではペロニー病の診断をするために症状が現れた時期や勃起をした時の硬さについて質問するので、病院に行く前に自分の性器を撮影しておくと恥ずかしさを感じることなく診察ができるでしょう。さらに、泌尿器科では触診や超音波検査などで病気の診断をする場合もあります。

泌尿器科で行なうペロニー病の治療方法は、保存療法です。症状の緩和に役立つ薬を処方したり、局所注射をすることで治療を進めていきますが、万が一保存療法を一年程継続させても症状が改善しなかった場合は外科手術が行なわれます。プリケーション法や移植法などの手術方法がありますが、手術時間が2時間程かかる大掛かりな手術で、術後は数日入院しなければいけません。ペロニー病は病状が悪化すればするほど治療も難しくなるため、クリニックの早期受診が大切です。ネットを利用するとペロニー病の治療を行なっている病院が多数見つかるので、費用や症例、病院の特徴などを比較しながら自分にあったクリニックを選びましょう。男性特有の緊急事態を早期に改善してくれるでしょう。

昔からある病気

男性女性

梅毒は近年患者数が増えている性感染症です。泌尿器科に行けば抗体を調べるための検査が受けられますが、正しい結果を知るためには三週間程期間をあけた方が良いでしょう。費用は病院によって異なるため、あらかじめ調べておきましょう。

詳しくはこちら

自覚症状が少ない

医者と看護師

梅毒は、一ヶ月程の潜伏期間を経て初期症状が現れます。性器付近のしこりや太ももの腫れ、さらに進行すると体中に赤い発疹が現れてフケのようなものも出てきます。早い段階で治療を受けるためにも初期症状を確認しましょう。

詳しくはこちら